抑泡性に優れたシリコーン系消泡剤

消泡剤には、泡の発生を抑える効果がある抑泡性と発生してしまった泡を効果を持つ破泡性の消泡剤があります。シリコーン系の消泡剤は抑泡性に優れており、少量でも効果をできます。また、その性状によってオイル型やエマルジョン型などのいくつかの種類が存在します。オイルやオイルコンパウンド型は、一般的に油性の発泡液に対して使用されます。食品添加用など水溶性の発砲液の場合には、エマルジョン型のシリコーン系消泡剤を用います。特にエマルジョン型は毒性が少ないため、食品に使用できる点が大きな特徴です。

他にも水性の発砲液の中でも酸性・アルカリ性発泡液に対して優れた消泡効果が期待できる自己乳化型や、消泡効果の持続時間に優れた粉末型など、目的や用途によって使い分けられています。このように水性や油性の発泡液に関わらず色々な用途で使用できる点が、シリコーン系の消泡剤のメリットです。

水性の発泡液に対して使用される有機系消泡剤

有機系消泡剤には、界面活性剤や高級アルコール、ポリエーテル種類があり、主に水性の発泡液に対して使用されます。シリコーン系の消泡剤のように汎用性はありませんが、水性の発泡液への優れた消泡効果と持続効果が大きな特徴です。豆腐などを中心に食品に使用される脂肪酸エステルも界面活性剤の一種で、高い消泡効果と安全性で多くの食品加工の現場で活躍しています。このようにシリコーン系と有機系消泡剤には様々な種類があり、目的や用途によって使用される消泡剤の特徴も異なります。

消泡剤は、シリコーンや界面活性剤等を用いて、製造現場での作業の妨げになる発泡を消すために使用します。これの使用により作業効率を上げる事はもちろん、製品の品質の安定性を保つ事が出来ます。