金属の表面の腐食を抑える目的

鉄は何も処理をせずに放置しているとどんどん錆びていきます。水や食塩水だとより錆びやすいでしょう。これは酸化が起きているためで、どんどん錆びると固い鉄であってももろくなり本来の役割を果たさなくなる時もあります。鉄以外でも酸化によって錆びるときがあり、金属の性能を維持させるには何らかの方法を取らなければいけません。その時に使われるのがリン酸処理で、金属の表面などに施すと表面に薄い膜が作られます。薄い膜が作られると金属部分と酸素などが直接触れないので酸化されにくくなり錆びるのを防げるようになります。薄い膜と言っても色がついているわけではないので処理をしたからと言って金属の色が変わるわけではありません。錆びなければリン酸処理が施されているのでしょう。

塗装をはがれにくくするために行う

金属を使って物を作るときに金属の色をそのまま生かすときもあります。その一方で金属の表面に塗料を塗るときがあります。自動車などであれば人の好みに合わせた自動車が作れるでしょうし、公共物などであれば危険を防止するのに役立ったりするでしょう。ただ普通に金属に塗装をするだけだと時間の経過によって金属から塗料がはがれてしまって再塗装が必要になってきます。できるだけ再塗装までの期間を遅らせたいならリン酸処理をするのがいいかも知れません。金属の表面にリン酸処理を施しておきその上から塗料を塗ります。塗料がはがれるのは塗料と金属の密着度が弱まるためですが、リン酸処理をしておくとその弱まりを防ぎ処理をしないときよりもはがれにくくなります。

リン酸処理を上手く活用する事で、製品の美観を高める事が可能です。塗装の仕上げを効果的に行う場合にも使われます。