CADとはコンピューターを利用して作図するシステム

CADとは何かという部分を理解できていない人もいるのではないでしょうか。CADとはコンピューターを利用して作図ができるようになるシステムやソフトウェアのことを指します。CADが生まれる前までは人がペンや紙を活用して手書きで製図を行っていました。しかし、手書きではミスが起きたときの修正作業に時間がかかるという難点があります。CADの実現によって、その難点が改善されます。手書き製図の場合は消しゴムで消した後にペンで書き直すという修正作業が必要ですが、CADの場合はマウスのクリック1つで修正作業が進められるのです。手書き製図では線の太さが均一になりにくいという問題もありましたが、CADは線の太さを均一にできるという利点があります。パソコン内にデータを保存できることで情報の共有が行いやすく、図面の紛失も少なくなるのもCADの魅力です。

2DCADと3DCADには違いがある

CADに詳しくない人にとっては、2DCADと3DCADのどちらもパソコンで作図を行うものに見えてしまうかもしれません。どちらもパソコンで作図を行うシステムであることには変わりありませんが、この2つには平面と立体という違いがあります。2DCADは平面での作図が行えます。手書き製図のコンピューターバージョンというのが2DCADのイメージに近いでしょう。それに対して3DCADは立体図を生み出せるという特徴があります。そのため作図したデータをもとに完成図を立体的に表現できます。この技術によって専門的な知識がない人でも完成図をイメージしやすくなるというメリットが得られます。

水道CADとは水道の配管図面などをパソコンを利用して製図するソフトウェアで、配管や立面を入力した平面図から自動で水理計算書を作成できます。