ライフスタイルを見据えたシュミレーションが大事

新築等の外構工事におけるポイントは、将来のライフスタイルを見据えたシュミレーションをすることです。例えばカーポートであれば、玄関より勝手口に近い方が利便性が良くなります。将来的に家族が増えるとしたら、ファミリーカーが停められるスペースが欲しいものです。そして、2世帯住宅を視野に入れる場合は、アプローチなどのスロープが選択肢となります。事前にアプローチを設置しなくても、外構工事のリフォームを想定した設計が肝心になります。一方、念入りにシュミレーションしたとしても、ライフスタイルの変化を完璧に予想するのは困難です。それ故、外構工事における失敗例などを参照して、将来的なリスクや必要に備えるのも大事だと言えます。

カーポート設置の失敗例

外構工事の失敗で多いのが、駐車スペースに関するものです。特に2台用カーポートにトラブルが多く、間口の狭さで駐車しづらくなる例が少なくありません。一般的な2台用カーポートの柱は4本で、柱自体も太くなっており、余裕のある設計をしないと2台並べられなくなったりします。カーポートの失敗例では、高さが低いトラブルも挙げられます。標準柱の高さは約2メートル30センチですが、クルマの屋根にカーキャリアなどを乗せるとそれをオーバーします。将来的にカーキャリアなどを乗せる計画なら、カーポートをロング柱で計画するのが妥当です。ロング柱なら2メートル80センチまで対応可能です。その他、カーポート設置で気を付けたいのは、強度の問題です。昨今は都会でも雪が積もることが多く、耐久性の高いカーポートが求められます。

中古の建機のオークションは、機械類の購入費用を安く抑えたい企業や、大型建機のリペアのノウハウがある企業の間で需要が高まっています。